BLOGブログ

東洋の神秘・少林拳

2018.03.25.

【投げた針でガラス板を貫通させる!?】

ネットで見つけた動画を紹介します。

少林拳の達人が裁縫針くらいの細い針を投げて、ガラス板を貫通させる動画。

まさに「気」の世界。東洋の神秘かと。

アメリカでは、東洋医学・中医学の概念である【気】を【Qi=Life force /Energy flow】 と説明しているようです。いわゆるフォースの力ですね。

針を投げる前に丹田に気を集め集中している様子が見えます。
(丹田とは下腹部あたり、へそ下3寸、を指しますが、ツボとしても『関元』『気海』という大事なツボがあるところ。『気海』はその名の通り、気の海として多くの気が集まるところで、気を補う時によく使われるツボです。)

ちなみに、この風船割は少林寺に伝わる72の技のうちの1つ。
難易度的にはかなり高いレベルで、10年以上の修行が必要のようです。

CONTACT

お問合せ

お電話からの問合わせ・予約

03-6712-2044

【受付時間】 11:00 ~ 21:30 ※不定休

WEBからの予約

WEB予約はコチラ
top