BLOGブログ

薄毛治療

2016.11.30.

%e8%96%84%e6%af%9b%e6%b2%bb%e7%99%82

成人の男性で多い薄毛としては、AGA(Androgenetic Alopecia)【男性型脱毛症】が挙げられますが、一般的には遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因として考えられています。

AGAの頭部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に見受けられ、これがヘアサイクルの成長過程を短くする原因と考えられています。
成長サイクルが短くなる事で、髪の毛が太くなる前に抜けてしまい、細く短い髪の毛が多くなる事で頭部全体として薄毛が目立つようになります。

AGAの治療としてプロペシアやミノキシジルといった薬での治療が中心となりますが、薬を飲んでも改善しない場合は、生活習慣から起因する可能性もあります。

特にストレスや不眠、慢性疲労の人は、ほとんどの場合、頭部がカチカチに固まって緊張しているのが見受けられます。

いくら薬を飲んでも、頭皮自体が凝り固まっていて毛根部に血行不良を起こしていれば、元気な髪の毛は生えてこないと考えます。

当院では、主に頭部への鍼治療とヘッドマッサージを行い、凝り固まった頭部の筋緊張を緩めて血行改善を図ります。

鍼には自律神経のバランスを整える効果があります。副交感神経の働きを高め、ストレス緩和や不眠を改善する事で、普段の生活面から頭皮に良い影響を与えて効果を高めていく事が期待できます。

また、東洋医学では【肝】・【心】・【脾】・【肺】・【腎】の五臓のうち、髪の毛は【腎】と影響が深いと考えられています。

【腎】は元気・やる気などの<気>を生み出す働きをしていると言われ、気を補う治療(補腎)が効果を得やすいと考えられています。

CONTACT

お問合せ

お電話からの問合わせ・予約

03-6712-2044

【受付時間】 11:00 ~ 21:30 ※不定休

WEBからの予約

WEB予約はコチラ
top