BLOGブログ

美容鍼(びようばり)

2016.11.30.

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc

刺鍼局所(お顔)の即時的な効果と、身体の調子を根本から改善させる持続的な効果を狙って両面からアプローチします。

・お顔への鍼施術

皮膚の真皮に直接鍼刺激を行う事で、血液の循環を改善させ栄養をたっぷり含んだ新鮮な血液を行き渡らせる事で皮膚に潤いを与えます。
もともと人間の体には、傷口を自ら治そうとする自然治癒力が備わっており、鍼で微細な損傷を与える事で、その部分を治そうとする再生力が高まり血行が促進されます。
それと同時に、炎症反応が起こる際に放出されるサイトカイン(生理活性タンパク質)が繊維芽細胞を活性化してコラーゲンやエラスチン産生を活発にさせ、その結果、潤った弾力とハリのある肌に変わっていきます。

・足裏~ふくらはぎへのマッサージ

女性に多い足のむくみや冷え性も併せて改善していきます。
美容と健康は表裏一体であり、内面から健康である事が外見的な美しさにつながると考えています。

・頭部へのマッサージ

頭部の筋肉は浅頭筋と深頭筋に分かれており、特に浅頭筋は表情筋として、深頭筋は咀嚼筋としての働きに区別されます。浅頭筋は、前頭部~後頭部へは帽状腱膜として一枚の薄い筋肉が頭頂部を覆っていて、額に横シワを作る筋肉としても挙げられ、この筋肉を緩める事で目を大きく開きやすくなる、また額から眉間のシワを改善する効果も期待できます。

深頭筋は咬筋や側頭筋が主で、咀嚼筋(顎を動かす筋肉)として挙げられます。咬筋や側頭筋の緊張により頬を上に上げる力が弱くなり、ほうれい線が深く出る原因ともなります。いわゆる頬がたるんで落ちた状態になり、これを改善する事でお顔全体としてのリフトアップ感が得られます。

またストレスなどで睡眠中の歯ぎしりを起こしていると、咬筋が非常に緊張している事も多いです。
咬筋を緩める事でストレス緩和につながり、睡眠の質が上がる事で美容にも良い影響を与えると考えております。

※合わせてこちらもご覧ください。
『美容鍼の効果メカニズム』

 

CONTACT

お問合せ

お電話からの問合わせ・予約

03-6712-2044

【受付時間】 11:00 ~ 21:30 ※不定休

WEBからの予約

WEB予約はコチラ
top